薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを減らす方法には、主に三つの方法があります。
一つ目がAGAを専門に診察するクリニックなどの医療機関でAGA治療薬を処方してもらい、服用する方法になります。
ジヒドロテストステロンは男性の身体の中には男性の機能を維持するために必ず存在するテストステロンという男性ホルモンが、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって発生します。
AGA治療薬を服用すると、Ⅱ型5αリダクターゼが過剰に分泌されるのを抑えてくれる働きがあります。
参考:M字ハゲは治療で改善!費用・実績から選ぶ病院ランキング■2016年版
二つ目はジヒドロテストステロンを発生するのを抑制する育毛剤を薄くなっている部分の頭皮に塗布する方法になります。
育毛剤にはヒオウギというアヤメ科の草花の根から抽出したヒオウギエキスや、コガネバナという草花の根から抽出されたオウゴンエキスなどといった様々な天然成分が含まれていて、医療機関で効果が認められた成分ではないものの、ヒオウギエキスやオウゴンエキスにはⅡ型5αリダクターゼが過剰に分泌されるのを抑えてくれる働きがありジヒドロテストステロンを減らす効果があります。
また、ヒオウギエキスやオウゴンエキスは天然成分となっているので、副作用の心配がなく安心して利用することができます。
三つ目はジヒドロテストステロンを発生するのを抑制する成分を豊富に含んでいる食材を積極的に摂取する方法になります。
ノコギリヤシは、アメリカの南西部に生息するヤシの実のことですが、こちらもⅡ型5αリダクターゼが過剰に分泌されるのを抑えてくれる働きがあり、ノコギリヤシの成分を豊富に含有している育毛サプリメントを摂取することによってジヒドロテストステロンを減らす効果があります。
他にも亜鉛を豊富に含む牡蠣や牛肉、イソフラボンを豊富に含む豆乳や納豆などを普段の食事の中に積極的に取り入れるのもジヒドロテストステロンを減らす効果があります。
また、亜鉛を摂取する場合は鉄分も消費されるので、鉄分を含む食材で栄養バランスを整える必要があります。